不動産売却の流れはどんな感じ?

htrhts
不動産も持っていても使わなくては、宝の持ち腐れとも言えるでしょう。不動産は、自分の生活を支えたり、また利益をもたらしてくれます。最近だと土地の有効活用が積極的にアピールされており、ますます、土地はもちろん建物なども含めて、不動産の有効活用が求められる時代となってきています。

不動産も売却する時代

昔ならば、不動産もいろいろと持っていた方がいいとも言われていましたが、今だと使わないのであればやはり売却した方がいいとも言われてきています。
そんな売却も個人で、相手を探して売却する方法もあれば、不動産業者に頼んで相手を探すの2つに大きく分けられます。

まずは、個人で探す場合には友人や知人へ話を持ちかけたり、紹介を受けるなどして探すことになるでしょう。何かしらの仕事関係で見つかる場合もありますが、やはり個人だけで相手を探せるのは、かなり少ないのではとも思われます。
ただ、見つかればあとは、交渉をすることなりますが、やはりトラブルの可能性も高まってきます。引き渡しをしないや支払いをしないといったトラブルの可能性もあります。そこで、個人間でもやはり契約書を作り、そこに支払いや引き渡しなどを記載しないといけないでしょう。
そらにそのあと、土地の所有権移転の手続きなどもしなければならずに、それなりに法的な知識も求められます。個人だけでの売却は大変です。なるべくは、不動産業者に頼んだ方がやはり無難とも言えそうです。

不動産業者に売却を頼もう

thrshts
不動産業者にやはり売却を手伝ってもらう方が、無難と言えるでしょう。そんな手伝ってもらうのも契約を結ぶこととなります。
とはいえ、どこでもいいと言うわけでもありません。まずは不動産業者の見極めも大切です。

そこでまずは、不動産業者に査定をしてもらい、見積もりをだしてもらいましょう。
その見積もりも不動産業者によって何百万もかわってきたりします。ですので、何ヵ所か複数に見積りしてもらい、そして契約や進め方などの説明をうけ、また不動産業者の対応から、自分にあったところを探すようにしましょう。
その結果、不動産業者と契約を結びましょう。

その契約はいろいろとありますが、流れは似たような感じです。
流れとしては不動産業者と契約を結び、不動産業者のひとつだけに買い手を探すのをまかせるのか、また複数の不動産業者にまかせるのかを決めます。
そして、不動産業者はその不動産を指定流通機構(レインズ)へ登録します。ここへ登録すると全国各地の不動産業者がこれをみて、情報を流したくれたりするので、それだけ買い手も見つかる可能性も高まります。
そして、買い手が見つかればあとは金額や受け渡し時期など交渉をすることとなります。
それが進めば売買契約書を交わすこととなります。売買契約書をつくると、簡単には破棄することはできなくなります。

そしてその時期までに必要ならば、不動産のたとえば、家などだと補修や改修をします。
そして、引き渡し時などにチェックをして、それがオーケーならば引き渡しをします。その時には支払いも済ませておき、さらに銀行などへもローンの返済も済ませておきましょう。
最後はその年度末に確定申告をして、所得税を支払いします。住民税は次の年度に課税されますから、所定の回数にて、支払いをします。それが終わって、不動産売却に関することがすべて終了となるのです。

不動産売却は焦らない

不動産は高い買い物なので、なかなか買い手がみつからないこともあります。やはり焦っても、なかなかみつからないこともあります。

そんなときこそ、不動産業者と協力して売却を進めていきましょう。

新着情報

◆2016/09/20
不動産売却の流れはどんな感じ?の情報を更新しました。
◆2016/09/12
会社プロフィールを新規投稿しました。
◆2016/09/12
不動産業者と結ぶ媒介契約とは何かの情報を更新しました。
◆2016/09/12
不動産業者が行う売却活動とはの情報を更新しました。
◆2016/09/12
不動産を引き渡して売却完了の情報を更新しました。